デビットカードについての主な特徴

0-12

デビットカードと言いますのは、払った場合、銀行の口座より即座に利用額が引き落とされるシステムの即時決済方法です。こちらのカードの一番の特徴と言いますのは、クレジットカードの様に、後払いとは違うというところです。

クレジットカードを活用する方は、今月は知らず知らずに使いすぎたとあとになって来る明細書を目にして後悔する体験をする方も多いと考えられます。しかしながら、こちらのカードはその都度、落とされるので、費やした分だけ銀行の口座より残高が減少し、自分自身が現在どれほど持ち合わせているのかを一瞬で理解できます。

以上のような特徴を有するデビットカードは、多くの方にお勧めできます。例えば、クレジットカードは恐ろしくて利用できない、日常は現金しか利用しない、18歳未満の為クレジットカードを作ることができない方とは、とても組み合わせが良いカードです。

クレジットカードの様に発行するために審査に関しては必要とされないことから、銀行の口座だけ保持していれば、容易に作成することができます。

それに加えて年齢制限に関しても、クレジットカードが18歳をオーバーする方しか作ることができないのに対し、ほとんどのケースでデビットカードは16歳をオーバーする方なら作成することができます。以上のように学生においても手間をかけずに作れ、さらに残高管理しやすいところから、子をアメリカ留学などに出す親にも評価を得ています。

アメリカへ留学する時の金銭管理の重要ポイント

0-39

アメリカへの留学する時は、あらためていうまでもなく、現金をどういったやり方で円滑にセーフティーに運用するかが必要になってきます。滞在の期間の相当分の現金を日本国内からもっていくのは、当然にリスクも伴うことから、米国で銀行口座を作成し日本国内から送金する手法が通例になります。

アメリカ留学をしている間は、可能な限り相当額の費用は現金を利用することによって払わず、一般的な生活費など細々したコストに対して、現金を活用することが重要になります。

その為に、とりわけ留学スタート時に生じてくる授業料、あるいは家賃など大きな額の費用につきましては、デビットカードを有効に活用することによって払うようにしましょう。一定以上の費用でも、即時決済となっていますので、すぐにどの程度使ったかが認識できますので、使ったお金を管理するのに最適といえます。

それに加えて、カードを使用したことがない方は、クレジットカードが異国で利用することができることは認識しているけど、デビットカードに関しても、外国で使えるのかと疑問点を持っています。

しかしながら、外国で活用可能です。外国でカードを使用しショッピングをしたら、エントリーしている日本国内の銀行の口座から即時決済が施されます。その結果、まとまったコストはカードで払い、手元のキャッシュを守りましょう。

それから、米国で口座を作って、国内から送金して貰うスケジュールの方でも、送金が上手くいかず持って行ったキャッシュが少なくなったというケースでは、困ります。

そうした場合にも役に立ちます。 日本国内で銀行などのキャッシュカードを利用し、ATMサイドより現金を下すように、米国のATMから日本国内の口座の現金を下すことができる機能もあります。

米国においては、大手銀行のATMならば、ほとんどすべてデビットカードは、活用することができるので、スーパーマーケットやショッピングモールといった身近なところで現金を下すことができます。 米国では財布のお金が見えたり、大金の持ち主であると感付かれたら、不法行為のターゲットにされるリスクがあります。

カードを使う上での不便な点に関して

0-17

非常に多くのメリットが見られますが、時と場合によっては、実際に利用していて不便と感じ取ることもあります。カードの特徴としましては、即時決済がありますが、即時決済という特性のせいで、幾分不便を感じるのが、分割払いが実現できないというところです。

高い金額のショッピングをする時などは、分割払いのほうが助けられるという人も多いと考えられます。しかしながら、現金同様、即時決済ですから、分割払いすることはできません。

それに加えて、使用を想定する時は、クレジットカードと比較検討されることがたくさんあります。クレジットカードと照らし合わせると不便と感じる局面は、利用することができる所がクレジットカードと比較して少ないところです。クレジットカードならば、ほとんどすべての場所で活用することができますが、一方全く役に立たない場面が増えます。

手にしている現金が多くないからカードを利用することによって払おうと決めても、使えないとなれば、不便と感じ取ることでしょう。ユーザビリティの高いものには、その利便性が故に、使い勝手の悪いところも必ずあります。良い点と悪い点をしっかりと考えて、使い分けすることが重要になります。